今後について

お寺の銅像

大切ない家族が亡くなった時、故人を偲んで葬儀を行います。
また、お骨を霊園に埋葬します。
代々続くお墓がある家はいいのですが、ない場合は、新たに埋葬する霊園を探し、墓石を購入しなければなりません。
生前に、自分の葬儀を行う場所や方法、霊園の契約などを行っている人もいます。
そんな故人を偲ぶことについて、今後の動向について予測し、簡単にまとめてみます。
まず、葬儀のあり方ですが、昔のように個人宅で行ったり、大掛かりなものよりも親族などで行う家族葬が今まで以上に増えていくことでしょう。
セレモニーホールなども家族葬向けの小さい会場も多くあるため、そこで故人を偲ぶことが増えるでしょう。
また、故人の好きだった音楽をかけたり、みんなで歌ったりと故人を偲ぶことを考え、その宗教、宗派のやり方ではなく、故人をどう送りたいかを考えたものも増えていくことでしょう。
葬儀の仕方が変化していくことでしょう。
また、霊園も変化していくことが予測されます。
特に、少子化により、また、結婚しない男女の増加によって、先祖代々のお墓を守れない、また、子供がいても地方にある霊園の管理まではできないなどということから、地方にある墓石を自分たちの生活している場所に移す方も増えていきます。
かといって、昔ながらの墓石で埋葬するスタイルもありますが、都会になればなるほど霊園不足もあり、なかなか入ることができなかったりします。
それを解消するために、従来の墓石のあるスタイルから、ロッカーなどに埋葬するものや、共同で墓石のない気などの下に埋葬し、名前を石などのプレートで刻んでいくものなど様々はバリエーションのものが今まで以上に増えていくことでしょう。
お墓をどうやって管理していくか、どこにお墓を持つのか、子供たちに手間をかけないためにはどうしたら良いのかなど多くの方々が考え、悩んでいきます。
そんな悩んでいる方々のために、お墓を管理している寺院や業者は、その方々のニーズに応える形で様々な方法を提案し続けていきます。

オススメリンク

横浜エリアの葬儀業者で好評なのはコチラ|小島葬儀店

世田谷で親切丁寧な葬儀を行ってくれる葬儀社はこちらです|蒼礼社

希望に適した業者を選ぶ

葬儀については、業者に依頼すると、ご遺体を預かるところから作業が始まります。
会葬者への連絡などに至るまでを行ってもらう事になります。
非常に細かい作業までを行ってもらえますので、詳細な内容については、業者に確認する様…Read more

業者について

人生において、最終場面となるのは故人になる時です。
その事自体は悲しい感情が伴いますが、死亡した後に行われる一連の儀式についても、その必要性が生じます。
何もせずに天国に上がる事はできません。
亡くなった後には…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年6月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930